6/23(日)「きのう生まれたわけじゃない」プロデューサー福間恵子さんトークショー開催!

2024.5.13

詩人や映画監督、批評家として活躍し、2023年4月に他界した福間健二さんを追悼し、6/23(日)、遺作となった「きのう生まれたわけじゃない」のプロデューサー・福間恵子さんをお迎えしての上映&トークショーを開催します!

時間など詳細は、確定し次第お伝えします。

きのう生まれたわけじゃない」(86分)


原案・脚本・監督:

 福間健二

プロデューサー

 福間恵子

出演:

 くるみ、福間健二、正木佐和、安部智凛、守屋文雄、蕪木虎太郎

<ストーリー>

母と二人暮らしの七海は中学2年生。

七海という名前をつけてくれた父は、ずっと前にどこかに行ってしまった。今日も学校には行かない。


川べりで「夫を亡くしたばかりの人」岬と出会い、心が通じあう。

77歳の寺田は、若いころに妻を亡くした元船乗り。老年にさしかかって、忘れていいわけではない過去が、不意に彼を不安にかき立てる。


最近、老人たちが集まって飲み食いする「憩いのベンチ」に参加するようになった。

そこにやってきた七海は、老人たちのありきたりの言葉に「きのう生まれたわけじゃないよ!」と反発する。


七海は寺田とともに「憩いのベンチ」を抜け出して、二人の時間を持つことになった。

寺田は、人の心を読むことができる七海におどろく。


その夜寺田の前に、亡くなった妻綾子が現れる。

詩を生き、映画を生きた福間健二の最新作


長篇第一作『急にたどりついてしまう』(95)以降、常に既成概念にとらわれない自由で豊かな映画表現を探求してきた福間健二監督。

最新作となる本作は、学校に行かない中学2年生の七海(ななみ)と、妻を亡くした元船乗りの77歳の老人、寺田との心の交流を描いています。


七海を演じるのは幼い頃から舞台などに出演するも、今回が映画初出演となるくるみ。

そして、老人寺田役は、なんと福間監督自身が演じています。


10代の頃より若松プロに出入りしていた福間健二は、20歳で若松孝二監督『通り魔の告白 現代性犯罪暗黒篇』(69)の脚本を書き主演します。

同時に詩人としてのキャリアを築きながら、『石井輝男映画魂』(92)、『ピンク・ヌーヴェルヴァーグ』(96)などを刊行。常に映画と詩の新しい局面を追求してきました。


そして、第七作目となる本作を完成させた直後、脳梗塞で倒れ、療養中に肺炎を起こして本年4月26日に74歳で亡くなりました。

『きのう生まれたわけじゃない』は、福間健二が最後に遺した、この世界への希望の贈りものなのです。


これから生きる時間とこれまで生きてきた時間。

二つの人生が交差するとき、

止まった時間がふたたび動きはじめる。

貴重なお話しを聞く事ができる、又とない機会です。

来館可能な方はぜひ、足をお運びください!


「きのう生まれたわけじゃない」作品情報